立命館大学の谷晋二先生のACBS体験記の続きです。

前編はこちら↓

 

Dianaに誘われて連れていかれたのはRobynのワークショップでした。このワークショップは、3時間のプログラムで途中参加は邪魔になるのですが、彼女に有無を言わせず連れていかれると、最後のロールプレイに参加させられました。一番難しいロールプレイでした。これはACTの6つのコアプロセスの全てを2分間毎に切り替えながらセラピーをするというロールプレイです。3人が1つのチームになって、オブザーバー、セラピスト、クライアント役をやります。オブザーバー役は6つのコアプロセスが書かれた6枚のカードを持ってセラピストの背後に立ちます。セラピストは2分ごとに切り替えられるそのカードの指示に従って、セラピーを展開します。RobynのWSはなんども受けているので、このロールプレイもやったことがあります。とても難しく、うまくできなかったことを覚えています。日本語でもうまくできるか自信はありません。

私の相手役は、なんとThomas Sabo(ACTのセラピストとして結構知られています)が勤めてくれることになりました。どうもDianaはSaboとワークをやっていたようでしたが、私をそこへ引っ張り込んだようです。彼女はさっさとオブザーバーをやると行って難しい役から逃げてしまいました。このワークでセラピスト役をやる自身はないので、Saboにクライアント役をやらせてもらうように頼みました。

ACBSのプレカンファレンスのWSでは必ず、セラピスト役、クライアント役をするロールプレイがあります。そのため、私は3つくらいの事例をあらかじめ用意して参加します。事例の概要や、クライアントの表現などを英語で話せるように準備して参加します。実際、私が担当しているケースなので、それを他の人がどのようにセラピーをするのかをみることができることに加えて、クライアント役をやることで、これまで気がついていなかったことに気づくこともあります。ただ、これまでのロールプレイの体験では正直「この人うまいな」「負けたな」という体験はありませんでした。

しかし、Saboのセラピーには驚きました。こんなにスムーズに6つのプロセスを連動させ、クライアントに新しい視点を気づかせ、コミットメントで終わらせるとは。ちょっと感動ものでした。こんな手があったか、と驚きました。いやあ、すごいものを体験させてもらいました。Dianaに感謝です。

実は、Saboのワークショップにも参加したことがあります。6年ほど前だと思います。そのことを話すと「覚えてるよ」と行ってくれました。まあ、アジア人がACTのワークショップに参加していることはまずなかったので、印象に残っていたのでしょう。

この記事を書いた人谷 晋二先生(立命館大学 総合心理学部)

CBSコンサルティング主催、ワークショップ情報はこちら↓

2018年京都会場WSでは一日目の講師として谷晋二先生が登場されます。

Facebookやブログで、ACTやワークショップ関連の記事を随時更新しています。「いいね!しよう」の画像をクリックしていただくと、更新のお知らせが伝わりやすくなります。下記のシェアボタンで、お知り合いの方と情報共有も是非!